河合耳鼻咽喉科医院

藤沢市の耳鼻咽喉科なら河合耳鼻咽喉科医院へ
神奈川県藤沢市湘南台2-7-8

WEB順番予約

tel:0425056227

受付時間
AM8:30-12:00
診療は9時開始
PM14:30-18:00
診療は15時開始

窓口での受付は診療開始の30分前から開始します。
インターネットによる 受付時間は 午前:9時〜11時30分 午後:15時〜17時30分 です。
受付人数が多数の場合、受付時間に関係なく早めに受付を終了させて頂く場合があります。

河合耳鼻咽喉科医院

藤沢市の耳鼻咽喉科なら河合耳鼻咽喉科医院へ
神奈川県藤沢市湘南台2-7-8

扁桃肥大

扁桃肥大とは?

扁桃肥大とは、口の中の扁桃腺が大きい状態で、3歳頃から大きくなり、7歳頃にピークとなり10歳頃には小さくなります。扁桃肥大が原因で、呼吸障害や食べ物が飲み込みにくい、時間がかかるなどの飲み込み障害、いびきによる睡眠時無呼吸、寝起きが悪い、日中眠そうにしているなどの睡眠障害などの症状を引き起こす可能性があります。

扁桃肥大の症状

  • いびき
  • 睡眠時無呼吸
  • 食べるのが遅い

などがあります。

扁桃肥大の治療方法

特に症状がない場合は経過観察です。大きいだけで手術をする事はありませんが、肥大による症状の程度が強い場合は、手術を行う病院を紹介します(扁桃摘出術)。

アデノイド肥大とは

アデノイドはリンパ組織のかたまりで、鼻の奥の突き当たり、喉との間の部分である上咽頭にあります。2歳頃から大きくなり、6歳頃に最も大きくなり、その後、10歳頃までに自然に小さくなっていきます。アデノイド肥大が原因で急性中耳炎を繰り返したり、滲出性中耳炎や鼻閉などを引き起こすことがあります。

アデノイド肥大の症状

  • 鼻づまり
  • 鼻声
  • 口呼吸
  • 普段から口を開けている
  • いびき(睡眠時無呼吸)

などがあります。なかにはこれらの症状で顔つきが変わることもあります。

アデノイド肥大の治療方法

基本的には、6歳くらいにアデノイドの大きさはピークになり、8歳~10歳くらいの時期に縮小していくため、肥大による上記のような症状がない場合には経過観察を行っていきます。
呼吸障害や睡眠障害の程度がひどい場合は手術が必要になる事もあります。経過観察をしながら判断していきます。また、滲出性中耳炎や副鼻腔炎などを発症している場合は、それに対する治療を行います。

扁桃・アデノイド肥大が引き起こす悪影響

空気の通り道が狭くなるため、鼻づまり・口呼吸・いびきがあり、重症化した場合は寝ている間に呼吸が一時的に止まる「睡眠時無呼吸症候群」が起こることもあります。幼児の場合、寝起きの悪さ、日中の強い眠気による居眠り、集中力の低下などが起こります。子どもが風邪を引いて、鼻づまり、口呼吸、いびきを起こすことはよくありますが、風邪の症状が軽くなってもこれらの症状が続く場合は、扁桃肥大やアデノイド肥大と考えられますので受診するようにしてください。また、アデノイド肥大があると耳管(耳抜きの管)が塞がり滲出性中耳炎になったり副鼻腔炎が治りにくくなります。
アデノイド肥大が大きくても、呼吸障害や睡眠障害への影響が大きくなければ、経過観察を行います。手術が必要な場合は連携病院をご紹介いたします。

扁桃・アデノイド肥大の検査

診断には、内視鏡でアデノイドの大きさを確認します。いびきがひどかったり、寝起きが悪い、寝ている間に呼吸が止まるなどの症状があれば、検査をおこなうこともあります。
検査の結果、アデノイドが極端に大きい場合、睡眠時の無呼吸や低呼吸などが認められる場合には、手術が必要になることもあります。全身麻酔の手術ですので、入院も数日間必要で本人も保護者の方も大変ですが、目に見えて効果のある場合が多いです。アデノイドの大きさがそれほど極端でなく、睡眠時の無呼吸低呼吸などがなければ、アデノイドが徐々に小さくなることに期待して、中耳炎や副鼻腔炎などの合併症を治療しながら、様子を見ることもあります。